水道バルブの株式会社森田鉄工所
地球は水の惑星 Earth is water planet
「水」は、生きとし生けるものすべての生命の源です。 宇宙に数多(あまた)ある惑星の中で、私たちの地球は、この「水」が「気体」、「液体」、「固体」の三態で常に存在している幸運で不思議な星です。 まさに「水の惑星」と呼ぶにふさわしい星、それが地球です。 モリタは、1917年の創業以来、ずっと「水」にかかわる仕事に携ってきました。 20世紀の間に世の中は驚くべき発展をし、想像をはるかに超える変貌を遂げてきました。 「水」と「人」とのかかわりから生まれたバルブも、この百年の時代の変遷と共に、求められる用途や役割から様々な種類のものが作られてきました。 この21世紀は、「環境の世紀」だと言われています。 モノづくりの上においても、それが環境に与える影響や効果について、厳しく問われることになる時代です。 しかし、新しい世紀の中で、どのような時代を迎えようとも、生き物にとっての「水」の大切さだけは不変です。 私たちモリタの社員は、この大切な「水」に携わる仕事に就いていることを誇りに思います。

 

モリタの主力製品
森田鉄工所は、水道用バルブを製造して約1世紀、技術を中心とした高機能な製品を世に送り続けて参りました。
この間、「技術のモリタ」としてお客様より信頼と支持を賜り今日に至っております。

 

トピックス

公益社団法人日本水道協会の方がオート弁研修会を受講されました。

6月19 日、公益社団法人日本水道協会の検査部東京検査事業所、工務部技術課などから8名の方々 が当社のオート弁研修会に参加されました。 オート弁研修会は1981 年にはじまり、1986 年からは毎年開催となり本年で37 …

東京都水道局 実務研修(初級)「減圧弁」に日本バルブ工業会からの推薦講師として招いていただきました。

2019年5月13日に東京都水道局 研修・開発センターで実施された実務研修(初級)「減圧弁」に一般社団法人日本バルブ工業会からの推薦講師としてご協力させていただきました。 実務研修(初級)「減圧弁」は、水道局や東京水道サ …

日本下水道新聞の特集記事で既設バルブの工場再生が紹介されました。

4月17日付日本下水道新聞の「特集 森田鉄工所が提案する持続」記事でライフサイクルコスト縮減に向けた提案として、既設バルブの工場再生が紹介されました。 森田鉄工所では長年にわたるバルブ製造技術や整備ノウハウを活かして、工 …

クールビズ励行について

平成31年度(2019年度)クールビズ推進について、環境省より4月23日付で報道発表がされました。 これを受けまして、当社でも下記期間においてクールビズを励行させていただきます。 弊社社員がお客様を訪問する際に、ネクタイ …

旧型オートバルブ用革製部品の供給停止について

平素より弊社オートバルブをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 弊社では初期型(初代)MR型(BR型)減圧弁の保守整備サービスを提供して参りましたが、 革パッキン業界の減退により2019年9月以降、呼び径300mm …

横浜市水道局 「城山水管橋ドレーンバルブ緊急取替え工事」感謝状拝領のご報告

3月28日横浜市水道局 近藤博幸浄水部長が東京オフィスにご来訪され、当社が施工した横浜市水道局 川井浄水場「城山水管橋ドレーンバルブ緊急取替え工事」に対する感謝状を拝領致しました。 同工事の施工内容の優良さを認めていただ …

PAGETOP
Copyright © 2004-2019 Morita Iron Works Co.,LTD. All Rights Reserved.