森田鉄工所は10月23~25日に開催された一般社団法人日本水道工業団体連合会主催の「郡山水道展(第48回水道資機材展示会)」に出展しました。
台風接近に伴う悪天候の中での開催でしたが、耐震用バルブ「電動緊急遮断弁MEE型」や、50年以上の販売実績で納入台数が3万台をこえる「減圧弁コンフローオートバルブ」などを展示し、全国からお集まり頂いた水道事業関係者の関心を集めました。
 耐震用バルブ「電動緊急遮断弁MEE型」は、緊急システム(制御盤)と無停電電源装置(UPS)、電動弁で構成され、危険性を伴うウエイト降下装置などがなく、安全で無駄なスペースを取らず、UPS搭載のため停電時の弁操作が可能で、緊急システム全体の電源をバックアップします。

   
 展示ブース全景  悪天候の中、ご来場下さった方々に感謝致します
   
 電動緊急遮断弁MEE型  MRF-100型減圧弁(コンフローオートバルブ)