水道バルブの株式会社森田鉄工所

制御用バルブ

ウイングバタフライ弁
ウイングバタフライ弁とは
従来の水道用バタフライ弁(JWWA B 138)は、コンパクトで構造が簡単であり、開閉操作力が小さい、流量特性がよい、抵抗が少ないなどの特長をもつため、流量制御用に使用されています。
過酷な絞り運転では騒音と振動を発生する上、キャビテーションによる侵食も軽視できない問題でした。
モリタのウイングバタフライ弁は、キャビテーション特性を改善して、騒音と振動の低減化と、広範囲な制御を可能にしました。
弁体の上流、下流側に取付けられた羽根,翼形整流板によって水流を変え、流体エネルギーを分散し、キャビテーションの成長を抑制します。
また、弁体は開口面積を増減し、流体に抵抗を与えて、自動制御を行います。
ウイングバタフライ弁は、水道用バタフライ弁と面間、フランジが同一のため、既設弁との取替が容易です。
上水道、工業用水、農業用水に、ご活用下さいますようお願い申し上げます。
製品の特徴 
■弁本体部の構造が簡単で止水性抜群です。
■耐キャビテーション特性が優れています。
■流量制御特性が優れています。
■騒音・振動の発生を防止します。
■弁座の交換及び、既設弁との取り替えが容易です。
充水機能付ウイングバタフライ弁
充水機能付ウイングバタフライ弁とは
管路布設後の通水時に優れた流量制御と安定した通水を行います。
弁体の羽根・翼部分に設けた通水孔が副弁の働き(バイパス機能)をして、小開度(約20~25%)ではほぼ一定の流量が流れます。
バイパス弁を設置する場合や、副弁内蔵形バルブを使用する場合と比較すると、コスト面で最も優れています。
上水道、工業用水、農業用水に、ご活用下さいますようお願い申し上げます。
製品の特徴
シンプルな構造と容易な操作性
実績あるウイングバタフライ弁の弁体だけを改良したシンプルな構造で操作も容易です。
優れた流量制御と安定した通水
充水開度内の調整範囲で流量制御を行い、一定流量範囲では安定した通水を行います。
コスト縮減に貢献
バイパス配管や副弁が不要で、設置スペース節減や工期短縮、工事費も低減できます。
優れた止水性
弁棒が弁座部を貫通していない構造なので止水性に優れています。
(注)通水時以外の流量を調整する弁ではありません。
ノズルスルースバルブ
ノズルスルースバルブとは
モリタのノズルスルースバルブはパラレルスライド形で、流水方向において弁体前後の弁箱摺動面に多数の小孔を設けてあり(さらに小孔に特殊ノズルユニットを組み込む構造のものもあります)、弁体の上下動によって開口面積を増減するシンプルな構造で、流量圧力制御に優れた性能を発揮します。
製品の特徴
■二重シート形ノズル方式(弁体平行式)のため、高差圧でも有効に制御が行えます。
■キャビテーション特性に優れ(実用キャビテーション係数:σ=0.2)、騒音,振動を防止します。
■流量圧力制御に優れた性能を発揮します。
■「水道用仕切弁(JIS B2062)と同一面間のため、既設弁との取替が容易です。
■一般弁数台分の役割を、1台で効果的に果たします。
Vポートバルブ
Vポートバルブとは
モリタのVポートバルブは、コンフローオートバルブの駆動方式を電動式,手動式,空圧式にアレンジしたものです。
Vポートバルブは、Vポート付ピストン(主弁)を電動,手動によりシリンダー及び、ボディーシートの内面に上下動させて、Vポートの開口面積を増減することで流体に抵抗を与える構造で、流量・圧力・水位制御に優れた性能を発揮します。
上水道、河川水、工業用水、農業用水に、ご活用下さいますようお願い申し上げます。
製品の特徴
■通水部がV形状のため、流量,圧力制御が容易です。
■実用キャビテーション係数が低く、絞り運転時の騒音,振動が少ない。
■V形状の通水部のため、異物の目詰まりがありません。
■バルブシートは良質な合成ゴムで止水性,耐久性に優れています。
■主弁の荷重が軽減され、電動機出力,手動開閉力を省力化できます。
PAGETOP
Copyright © 2004-2017 Morita Iron Works Co.,LTD. All Rights Reserved.